スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.10.22 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    風鈴つけました。 瀬戸内シーライン「入船」

    0
      瀬戸内海汽船グループの瀬戸内シーラインが運航する航路に
      広島港〜江田島切串港 があります。

      この航路に就航するフェリーは「入船」といいます。

      梅雨明け宣言が発表され、いっぺんに暑くなってしまった感じがしますが
      少しでも涼しさを演出出来ればいいなと船内窓際にガラスのかわいい風鈴をつけました。

      優しい音色がときどき聞こえて、安らぎますね〜。

      今年はなんと「金魚」のちょうちんもぶら下げてみました♪
      ひょうきんな顔が超かわいいですよ!

      今日も笑顔でお客様をお迎えします。

      そして「入船」は広島港を出航して江田島へ・・・。
      奥の船は江田島三高へ向かう「シーフレンド」ですね。

      是非、広島〜江田島切串航路にご乗船の際には風鈴の音色と金魚のちょうちんを
      たのしんでみてくださいね。


      広島湾 宝しまクルーズ スタート!!

      0
        広島県デスティネーションキャンペーン「宝しまクルーズ」の一つ
        「広島湾 宝しまクルーズ」が7月6日(土曜日)に始まりました!

        宮島港〜広島港〜プリンスホテル港〜呉港〜江田島小用港〜宮島港
        とぐるりと広島湾を一周する形で運航しており、乗り降り自由なパスポートが
        便利な商品です。




        ひろしま宝しまレディの 山下梨代子さんの司会で
        午前8:00から宮島港の桟橋で出発セレモニーが行われ、
        廿日市市長 真野様、中国運輸局開示振興部長 片桐様から
        ご挨拶、ご祝辞をいただきました。

        [ひろしま宝しまレディの 山下梨代子さん]

        [廿日市市長 真野様]

        [中国運輸局開示振興部長 片桐様]


        その後、弊社社長仁田一郎の安全宣言の後
        ご来賓の皆様のテープカットにより乗船開始となりました。



        宮島おもてなし隊のお二人にはセレモニーのお手伝いをいただき、
        出航時には笑顔で手を振っていただきました。

        ドラの音とともに出航です!

        [宮島港出港時、みなさん笑顔で手を振ってくれました]

        広島港でも皆様に手を振っていただき・・・

        プリンスホテル港でも手を振っていただき・・・


        呉港でも手を振っていただき・・・

        そして江田島小用港でも温かく見送っていただきました。

        途中の航路では、呉港では自衛艦隊や

        江田島のかわいらしい造船所、

        なんとこの日は、潜水艦の浮上航行も見ることができました!!


        広島県観光キャンペーン「瀬戸内 ひろしま 宝しま」をモットーに宝しまクルーズに
        たくさんのお客様にお越しいただければと思っています。

        広島へお越しの際には是非「広島湾 宝しまクルーズ」へ!!

        ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
        ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



         

        宮島ライトアップ しまあかりクルーズ7/6〜9/29土日祝運航

        0
          ◆7月6日(土)から9月29日(日)期間の土日祝に、夜の宮島ライトアップを楽しむクルーズ、
          「宮島ライトアップ しまあかりクルーズ」を運航します!


          宮島のライトアップされた姿を、船上からお楽しみ頂けます!


          グランドプリンスホテル港を19:45に出港し、宮島鳥居沖までクルージング。
          20:45にまたプリンスホテル港に戻ってきます。

          料金は大人1名様2000円、こども1000円。

          夏の夜の世界遺産宮島を、ご家族、ご友人、大切なパートナーと
          魅力いっぱいのクルーズをお楽しみ下さい!


          ★☆ご乗船いただく高速船「なさみ」も綺麗にライトアップ完了です!!
             是非お越し下さい!

          ◆お申込み、お問合せは・・・
          瀬戸内海汽船トラベルサービス グランドプリンスホテル内営業所
          電話082-555-5501 9:00〜18:00年中無休


          2013年 春のお花見おさんぽクルーズ

          0
             2013年の春のおさんぽクルーズでも、いろんな島に桜の花見に行きました。

            島の桜の魅力は、山を覆うようなダイナミックさと、海とのコントラストで映える桜の美しさです。

            また、潮待ち風待ちで栄えた島の港町では古風な「日本らしい」桜も楽しめます。


            伯方島 開山公園の千本桜


            伯方島 開山公園千本桜のトンネル


            佐木島 千本桜 山頂の展望台から


            生口島瀬戸田 法然寺前


            因島 因島公園の桜


            大崎下島 歴史が見える丘公園入口の 見事な枝垂れ桜

            来年もおさんぽクルーズではさまざまな島の桜を巡ります!
            是非ご参加くださいね!



            2013/4/4 宮島の桜

            0

              低気圧が接近し、風が吹いてしまいましたが、
              その前の4月4日、宮島に桜を撮影にいきました。

              広島港から宮島港までの高速船にのれば30分足らずで
              広島市内から宮島に到着出来ます!

              世界遺産のある島として、季節問わず観光客がたくさん来られるわけですが、
              この季節は、特に日本の風物である「桜」も楽しめるということで
              日本はもとより、世界中からお客様がどっと押し寄せます。
              まさに桜は満開で、私も久しぶりに桜を堪能しました。


              ★この日も、たくさんのお客様が来られていました。



              ★五重の塔をバックに。


              ★厳島神社裏手の川沿いも桜並木が。


              ★山の方に目を向けると多宝塔の周りも満開です。


              ★桜がバックだとなんでも絵になりますね〜。


              ★少し裏路地に入っても、そこかしこに桜が咲いていて楽しめます。


              ★川にかかる橋では、たくさんの方が記念撮影をされていました。


              ★大鳥居をバックに一枚。


              ★この日、大元公園に人は殆どおらず、鹿が貸切みたいにブラブラしていました。


              ★島内の桜は割と分散して植樹されているようですが、この大元公園はボリュームたっぷりです。


              ★外人さんもたくさん。古い町並みと桜って本当によく合いますね。



              ★島内の各所で桜が咲く宮島はまさに「和」の良さ全開といった感じでした。
               今年は例年よりも少し早い開花だったようですが、来年はどうなるんでしょうね。
               何度来島しても楽しめる、春の宮島。是非機会があればお越しくださいね!





              高速船「はやしお」 ドック入りしています。

              0


                瀬戸内海を縦横無尽。まさにその言葉がぴったりの高速船「はやしお」。



                昨年はおさんぽクルーズに、きよもりブルーラインに、チャーターでのご利用に、
                大活躍した本船。ただいま、広島港湾造船所に入渠中です。

                お客様を乗せる船なので毎年定期点検を行ないます。
                船底や陸に上がった姿はあまり見ることができないのでその模様をお伝えしたいと思います。


                造船所に到着するといきなりはやしおが陸に上がっているのが見えます!


                後方から見るとこんな感じ。足場を組まないとペンキも塗れません。


                いつも海の中にある部分が陸に上がるだけでものすごく巨大に見えます。


                これは、高速で航行するにつれ、船体を浮上させるための翼です。
                こんなのが前部に1枚、後部に1枚ついています。


                前方から後方に向かって撮影。翼の下に2本のシャフトとプロペラが見えます。
                双胴船なので ┌┐ ←こういう形になっています。


                プロペラには腐食防止用の塗料と、クリアコートが塗られます。
                塗りたてなのでツヤツヤでした。


                船体を支えている木材です。この重さを支えているなんてすごいですね。


                いつもは桟橋から乗り込める乗船口も、はしごを使わないと登れません・・・。


                船内に入るとエンジンの手入れを行うため、座席や床板が外されていました。
                とても大きくて力強いエンジンです。


                今回は、広島港湾造船所の松田営業部長さんにイロイロと説明、案内をして頂きました。
                とても丁寧になんでもお答えいただき、大変お世話になりました!


                この三角マークは「今回、材木を置いたところ」を示しています。
                次回陸に上げるときは、ここからずらして材木を置きます。なぜでしょう?

                ・・・答えは、材木を置いたところにペンキが塗れないから、です。
                ・・・ごもっとも。

                スタッフの方が綺麗にマスキングされた三角マークをちょうど塗ってくれていました。


                船の一番前方から後ろに向けて撮影してみました。中央下部にある大きなワイヤーと
                台座、滑車を使い、レールに乗せて船を引っ張り上げます。
                この台座とレールは190トンまで乗せることが出来るそうです。


                船体のところどころに設置されているこの金属板。一体何でしょう?写真は新品です。

                この金属板、亜鉛やアルミでできています。
                船は発電機を積んでいることもあり、船体から結構な量の電気が放出されています。
                海水の中に浸かった船体は、そのままではすぐ錆びて、
                1年も立たないうちに穴が開いてしまいます。

                そこで、電気と亜鉛の特性を生かし(海水中に電気を流すと亜鉛や防腐アルミの方が先に錆びる)
                船体が錆びたりすることを防ぐわけです。とても大切な役割を果たしています。

                ・・・と、とても偉そうに書きましたが全て松田さんからの聞きかじりです。
                こんな事もとてもわかりやすく説明してくださったんですよ〜。


                で、これが船体の代わりに犠牲になった亜鉛の板達です。
                スポンジみたいにモロモロになって、フジツボもたくさんついています。
                ありがとう。船を守ってくれて。隠れた功労者です。


                というわけで、陸に上がった「はやしお」を紹介してまいりました。

                今年も瀬戸内海を巡るおさんぽクルーズで皆様のお目にかかると思います。
                綺麗になって、快調なはやしおを是非ご期待ください。



                きよもりブルーラインが運航最終日でした。

                0

                  2012年1月14日より運航してまいりました、
                  宮島〜呉市音戸直行高速船「きよもりブルーライン」が、
                  2013年1月14日を持ちまして、運航を終了いたしました。

                  大河ドラマ「平清盛」にあわせ、清盛ゆかりの地である「宮島」と「音戸の瀬戸」を
                  結んだ、この航路。1年間の間に大変多くのお客様にご利用いただき、
                  両地の魅力をお届けできたのではないかと思います。

                  最終日最終便では、音戸漁港、宮島港にて、航路終了セレモニーを行いましたので
                  その模様をお伝えいたします。

                  ■音戸漁港に入港するブルーライン高速船「はやしお」

                   宮島14:35発の最終便は無事に音戸漁港に入港しました。

                  ■音戸漁港最終便出航前に航路終了セレモニーをおこないました 

                   瀬戸内海汽船 仁田一郎社長から音戸の皆様へ感謝のご挨拶がありました。


                   1年間ご尽力いただきました音戸の皆様にブルーラインマリンガイドより花束の贈呈です。


                   最終便にもたくさんのお客様にご乗船いただきました。


                   出航後も地元の皆様がいつまでも手を振ってお見送りして下さいました。


                  宮島に到着するころには、とても美しい夕焼けが見ることが出来ました。


                   宮島港に到着すると、ひろしま清盛君のお出迎えが!


                   宮島港でも終了セレモニーを行いました。お客様にもたくさん参加していただきました。


                   宮島観光親善大使 田中智子さんより、
                   船長、マリンガイド、宮島桟橋スタッフに花束が贈呈されました。


                   ひろしま清盛君と一緒に記念撮影です。


                  きよもりブルーライン「はやしお」の前で記念撮影しました。

                  ★1年間の間、たくさんのお客様にご利用いただきまして誠にありがとうございました。
                   宮島、音戸両地のたくさんの方々にご支援いただき無事に運航終了する事が出来ました。
                   今後も、新たな航路、新たな商品でご満足頂けるよう努力してまいりたいと思います。

                   1年間 誠にありがとうございました。

                  ===================================

                  ■同日、宮島歴史民族資料館の「平清盛館」も閉館セレモニーが行われました。



                   この1年間で約20万人の方のご来場があったそうです。
                   これから、展示物などの調整のため一度閉館し、4月よりまたオープンされるようです。



                  宮島おもてなし隊の皆さんも挨拶がありました。皆様お疲れ様でした。



                  観音マリーナホップ〜宮島高速船 運航中!

                  0

                    11/1〜11/30の期間、
                    観音マリーナホップと宮島を結ぶ直行高速船を運航しています。
                    [平日マリーナ発4便 宮島発4便] / [土日祝マリーナ発10便 宮島発10便]

                    ▶ 乗船料 ◀
                    ■マリーナホップ〜宮島 片道 大人1200円、小人600円、未就学児無料
                    ■マリーナホップ〜宮島 往復 大人2000円、小人1000円、未就学児無料

                    ※障害者手帳をお持ちの方は割引がございますのでお持ちください。

                    ★マリーナホップの駐車場は無料!



                    11/1の初運航日、早速乗船して参りました。


                    ■マリーナホップ内の遊園地「マリーナサーカス」の近くに切符売り場を開設しています。


                    ■ちょうど観覧車や、ジェットコースターが見える位置です。


                    ■片道券、往復券を販売。みやじマリン(宮島水族館)のチケットも購入できます。


                    ■観覧車の下をくぐると、すぐに船着場があります。看板がたくさん出ているので
                     迷われることはないと思います。


                    ■桟橋に降りるスロープです。


                    ■こちらが宮島まで運航する「マリーナホップ号」です。可愛らしい魚の絵が
                     船体に描かれているんですよ。


                    ■船内はこんなかんじです。


                    ■操舵室です。きちんとGPSもついていますよ^^


                    ■初日の第一便、お客様と報道の方々に乗っていただきました。いよいよ出発!


                    ■マリーナの観覧車をバックにお見送りの方に手を振って出港です。


                    ■船内では初便ということもあってお客様にインタビューなどもありました。


                    ■無事に宮島港に到着です。所要時間は約30分。早い便だと20分で到着。これは便利!


                    ■宮島を後にするマリーナホップ号。船体の魚の顔が可愛いです!


                    ■前方のブリッジの脇から前を見ることができます。波をかぶって水滴がついています。
                     低い船なので海面が近くに見え、「船に乗っている」感がとても強いです。


                    この日の船長さんは女性船長さんでした!かっこいいですね!

                    ★マリーナホップの駐車場は無料で利用でき、
                      宮島口の混雑や渋滞ともおさらば!
                     観音から約30分で宮島観光を楽しめる「マリーナホップ〜宮島」航路は、
                     観光シーズンの宮島へ行くのにおすすめ!
                     是非便利にご活用下さい!

                    ■マリーナ〜宮島高速船 詳しくは下記をクリックして下さい■


                    秋のおさんぽクルーズ:「瀬戸内古跡探訪」&クルーズ 小島・四阪島 その4

                    0



                      瀬戸内海汽船の発行する「海の旅」秋号にも掲載しております、
                      瀬戸内海の海や島々を高速船で巡る「秋のおさんぽクルーズ」のAコース
                      [瀬戸内古跡探訪&クルーズ 小島・四阪島]に乗船してきました!

                      ★出発日[10/6(土)、10/8(祝)、10/9(火)、10/17(水)、10/28(日)、11/3(祝)、11/13(火)]


                       ■行程 [宮島口・広島・PH港・呉]〜呉潜水艦基地〜音戸の瀬戸〜波止浜ドック群
                            小島〜下田水港[よしうみいきいき館・昼食・買物]〜
                            
                      四阪島クルーズ〜今治港[休憩・買物]〜〜各港へ帰着

                       ※今回の「その4」では上記赤文字の「四阪島」〜「今治港」〜各港を紹介いたします。

                      ===========

                      昼食を下田水港で美味しくいただいたら、今回の第二の目玉である
                      「四阪島クルーズ」へ出発!四阪島は個人の所有地になるため、
                      上陸観光はできませんが、船の上から「産業遺産」である島の様子を見学します。

                      下田水港を出航すると、来島海峡大橋をくぐって東へ進みます。
                      四阪島は今治からちょうど東約10kmに位置する島々で五つの島からなります。
                      住友金属の所有する島であり、一般の方の上陸は禁止されていますし
                      今も稼動する工場の従業員さんは船で通っています。


                      遠目にも特徴である巨大な煙突が見ることが出来ます。

                      [四阪島 煙突]


                      新居浜市、別子銅山の銅精錬所のあった新居浜地区では、創業以来亜硫酸ガスの発生により
                      多くの市民が体調不良や樹木の枯死などに悩まされてきました。
                      そこで1905年に当時の別子銅山支配人の決断により、
                      この四阪島に精錬工場が移されることになったのです。

                      四阪島に移された銅の精錬工場は、海上の風により逆に被害を拡散することになってしまいます。
                      しかし先人達の知恵と工夫により、1939年に設置された硫煙処理装置のおかげで、
                      四阪島からの有害ガスの発生は止まったのです。


                      [四阪島 シーサイドマンション 一般的な島内の社宅の家賃の5倍くらいで、島民の憧れだったとか]

                      この小さな四阪島には大正時代に人口5500人を越える方が住んでいました。
                      中には学校なども整備され、賑わい多い街だったようです。
                      戦後昭和30年代に入っても人口は4000人以上いらっしゃったようです。


                      [今も島内に残る、迎賓館 洋風でおしゃれな内装だったそうです。中が見てみたい!]


                      [唯一船が行き来する桟橋にはたくさんのかもめが列を作って休んでいました]

                      別子銅山の閉山、新居浜精錬所の開設に伴い、四阪島の人口は減り続け、
                      1977年に工場関係者以外は離島。小学校なども廃校され、1988年人口は0となりました。

                      公害やその対策、繁栄と離島。日本が近代化社会へと進んだ時代の証人として
                      この四阪島はいまも新居浜市の北20kmにあり続けています。

                      現在は酸化亜鉛の製造工場となり、製鋼煙灰から亜鉛を製造する工場が稼動しています。



                      四阪島の「迫力」に圧倒されつつ四阪島を後にします。次は休憩港「今治港」です。



                      今治港に近づくと沖から今治城がきれいに見えます。
                      藤堂高虎が築いたといわれていますが、当初の天守閣の一級資料が残っていないため
                      「本当にあったかどうかはわからない」そうです。
                      現在の天守閣は昭和55年に立てられたもので、最上階からは美しいしまなみ海道の
                      眺望が楽しめるようです。



                      今治港に到着。休憩とお土産物。青いビルが今治港ターミナルビルです。



                      ターミナルに併設された「今治観光物産店」でお買い物。中には・・・、

                      今治市のゆるきゃら「ばりぃさん」がお出迎え!でかい!
                      ちなみにトサカに見えるのは来島海峡大橋ですよ^^



                      店内には今治の名産品が売られています。私は「焼豚たまご丼ふりかけ」を買いました。

                      たくさんの島々を巡ったお散歩クルーズもいよいよ終盤。
                      今治港から帰路につきます。

                      呉港でお別れのお客様、広島港でお別れのお客様、そして宮島港でお別れのお客様。

                      みなさまお疲れ様でした。

                      今回のお散歩クルーズは、特に近代歴史を感じる事の出来るクルーズで、
                      現在にもつながる史跡や遺産を巡る事はとても勉強になるなぁと感じました。

                      もちろん瀬戸内海の美しい景色も満喫でき、遠方からこられたお客様がしきりに
                      「海はいいねぇ、船はいいねぇ」と仰っていたのが印象的でした。

                      是非皆様も「おさんぽクルーズ」にご乗船下さい!
                      ゆったりとした船旅はクセになりますよ!


                      [広島港にて:みなさまお疲れ様でした〜]


                      [高速船はやしお 今回もお疲れ様!]


                      秋のおさんぽクルーズ:「瀬戸内古跡探訪」&クルーズ 小島・四阪島 その3

                      0
                         

                        瀬戸内海汽船の発行する「海の旅」秋号にも掲載しております、
                        瀬戸内海の海や島々を高速船で巡る「秋のおさんぽクルーズ」のAコース
                        [瀬戸内古跡探訪&クルーズ 小島・四阪島]に乗船してきました!

                        ★出発日[10/6(土)、10/8(祝)、10/9(火)、10/17(水)、10/28(日)、11/3(祝)、11/13(火)]


                         ■行程 [宮島口・広島・PH港・呉]〜呉潜水艦基地〜音戸の瀬戸〜波止浜ドック群
                              小島〜下田水港[よしうみいきいき館・昼食・買物]〜
                              
                        〜四阪島クルーズ〜今治港[休憩・買物]〜〜各港へ帰着

                         ※今回の「その3」では上記赤文字の「下田水港での昼食」を紹介いたします。

                        ===========

                        芸予要塞跡の歴史的景観と山頂からの眺望を満喫した後、
                        いよいよお待ちかねのお食事を楽しみに「大島 下田水港(しただみ)」へ向かいます。

                        来島海峡大橋を船上から眺めながら下田水港へ。


                        下田水港では潮流体験を楽しめる船も停泊していました。
                        お客様はみなさん救命胴衣をつけていますね。


                        港にはたくさんの漁船が係留され、港町の様相を呈しています。
                        この雰囲気が最高です!


                        港脇には大きな「お迎え大師」がお客様をお出迎え。


                        こちらの「よしうみいきいき館」でお食事。お腹減りました。


                        こちらで美味しい新鮮な海産のバーベキューを。
                        七輪を使ったバーベキューは初めてです!店員さんが焼き方などを丁寧に教えてれます。


                        美味しい鯛めしとバーベキュー!大満足です!


                        隣におすわりになられた参加者の方と一緒に。こういう出会いも楽しくてしょうがないです。


                        お食事を済ませたら、おみやげ物も。中は結構広くて、商品も充実しています。


                        海産物が多いですが、今治名物「ばりぃさん」のグッズも揃っています。


                        外売店でソフトクリームを。みかんとバニラのミックスを注文しました。
                        甘くてさっぱりしておいし〜〜〜〜〜〜!!!!!行かれた方は是非!!おすすめ!


                        来島海峡大橋をバックにソフトクリームの写真を撮るほどテンションが上りました(笑)


                        下田水から見る大橋や漁船、そして「はやしお」。絵になってますね〜〜。


                        いきいき館の駐車場に設置された可愛らしい「お迎え大師」。笑顔を見ているとこちらも笑顔に。


                        そして、また再びはやしおに乗り産業遺跡「四阪島」へ向かいます。
                        下田水の食事&買物タイムはすごく楽しかった!



                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                             12
                        3456789
                        10111213141516
                        17181920212223
                        24252627282930
                        << September 2017 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        • 高速船「はやしお」 ドック入りしています。
                          ミニぱぱ
                        • 秋のおさんぽクルーズ:「瀬戸内古跡探訪」&クルーズ 小島・四阪島 その4
                          瀬戸内海汽船
                        • 秋のおさんぽクルーズ:「瀬戸内古跡探訪」&クルーズ 小島・四阪島 その4
                          フェリークルーズ
                        • 秋のおさんぽクルーズ:「瀬戸内古跡探訪」&クルーズ 小島・四阪島 その3
                          フェリークルーズ
                        • 秋のおさんぽクルーズ:「瀬戸内古跡探訪」&クルーズ 小島・四阪島 その2
                          フェリークルーズ
                        • 秋のおさんぽクルーズ:「瀬戸内古跡探訪」&クルーズ 小島・四阪島 その1
                          フェリークルーズ

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM