スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.10.22 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    秋のおさんぽクルーズ:「瀬戸内古跡探訪」&クルーズ 小島・四阪島 その2

    0



      瀬戸内海汽船の発行する「海の旅」秋号にも掲載しております、
      瀬戸内海の海や島々を高速船で巡る「秋のおさんぽクルーズ」のAコース
      [瀬戸内古跡探訪&クルーズ 小島・四阪島]に乗船してきました!

      ★出発日[10/6(土)、10/8(祝)、10/9(火)、10/17(水)、10/28(日)、11/3(祝)、11/13(火)]


       ■行程 [宮島口・広島・PH港・呉]〜呉潜水艦基地〜音戸の瀬戸〜波止浜ドック群
            〜小島〜下田水港[よしうみいきいき館・昼食・買物]
            〜四阪島クルーズ〜今治港[休憩・買物]〜〜各港へ帰着

       ※今回の「その2」では上記赤文字の「小島」を紹介いたします。


      お客様を乗せたチャーター船「はやしお」は
      波止浜を後にし、少し北側にある「小島(おしま)」へ向かいます。
      小島にはおおきな「芸予要塞跡」があり、往時を偲ぶことができます。

      ■小島 桟橋

      小島の桟橋は小さいですがしっかりした「浮桟橋」。はやしおも安心して着桟できます。


       ちょうど桟橋から、来島海峡大橋の全景を見ることができます。
       毎日この大きな橋を眺めながらの生活がこの島にあります。


       桟橋の近くにすぐ民家がありますので、小高い丘の公園に進みます。
       島々を巡るクルーズでは、お客様と、地元の方とのふれあいも楽しめますが、
       マナーを持って観光をしていただく配慮が必要な場合もあります。


      公園の手前にある、「瀬戸内海国立公園小島」の石碑。
      そういえば再来年2014年は瀬戸内海国立公園制定80周年ですよ!

      ■芸予要塞へハイキング

      公園から連なる階段を登り、山の中へと向かいます・・・。


      緑のトンネルが続きます。ちょっとした探検気分!? 紅葉にはまだ少し早いかな。

      ■小島 芸予要塞 変電所跡

      レンガ造りの変電所跡に到着しました。ボランティアガイドさんが丁寧に説明して下さります。
      この変電所跡から左奥に進むと南部砲台、手前に進むと中部、北部砲台があります。


      ↑このレンガの並びにご注目下さい。通常レンガは方向を同じにして積み上げていくフランス式なのですが、
       こちらの芸予要塞の建物はすべてこのように縦横を変えながら積んであるのが特徴です。
       これをイギリス組み上げといい、フランス式よりも強度に優るそうです。
       その証拠に、島内の建物は大変美しい状態で残されています。


      これが建物内です。小さな見張り場所があり、変電施設が中にあったようです。


      変電所跡を後にし、山沿いの開けた道を進むと、南部砲台跡へ続きます。
      そこかしこに、絵になる風景が残されているのも小島のいいところです。

      ■小島 芸予要塞 南部砲台跡

      砲台跡や兵舎跡もすべて山の斜面を使用し、繰り抜いた形で作られています。


      石組みの砲台跡が残ります。実際には使われることはなかったようでが、
      島の至る所に砲台跡があるということはいかに重要な防衛拠点だったのかがわかります。


      変電所跡まで戻り、また少し山の奥まった場所へ進みます。


      開けた場所に弾薬庫跡があります。山が少し凹んだところにあって周りが林、丘に囲まれています。
      砲撃や爆撃を躱す目的なのでしょう。建物の下部分がアーチになっていて、
      重い砲弾などの重量に耐えられる作りになっています。


      弾薬庫の中はこのようになっています。整然と並ぶ基礎部分もレンガで出来ていたんですね。


      不安定な時代にこの地で軍務に就かれた方はいろいろな想いを持ってお過ごしになったのでしょう。今は弾薬庫はカタツムリがたくさん住む建物になっています。平和って本当に大事です。



      ボランティアガイドさんに案内されながら今度は山沿いを上がっていきます。目指すは中部砲台跡。
      木々が開けるたびに、見事な景色が広がります。


      中部砲台跡の手前に立つ案内図です。


      切りだされた石で、きれいに整然と組まれた跡地は何かの古代の遺跡のようにも見えます。


      ここに砲台が設置されていました。28センチ砲ですから、かなりの大きさです。
      2門ずつ、3箇所にわかれて、計6門が設置されていました。
      この小島に設置されていた28センチ砲は、日露戦争の激戦区旅順203高地に持ち込まれ、
      一発218kgもする砲弾を2300発打ち込み、わずか1時間20分で「旅順」を占領したそうです。


      砲台跡を進むと、兵舎跡があり、その手前に司令塔への階段が・・・。


      高い!急!長!

      これ、走って上がって転んだら大変です(^^;)



      ようやく登り切った〜〜〜!!


      ・・・と思ったら、


      まだ上が(笑)。 みんなで頑張って上がります。
      このツアーに参加される方は、歩きやすい靴を履いてきてくださいね。

      でも、苦労して登っただけあって山頂からの眺めは最高!

      写真では伝えきれない大パノラマ!来島海峡大橋が一望に出来ます!
      登ってきたかいがあります!

      山頂で最高の景色を楽しんだら、次は下山。
      こちらは途中から迂回路を使うので、少し楽。
      最初からこっちを登ればよかったんじゃ・・と思ったのは秘密。

      で、降りる途中に変なもの発見。なにこれ?・・・答えは二枚後に・・・。


      クルッと迂回して降りてくると兵舎があります。
      将官用と、一般兵舎と大きさが違います。将官用は奥行きがたっぷりあって広くなっています。


      で、さっきの「ナニコレ」ですが、この兵舎の中の天井に穴が空いています。

      そうです。有事に、この伝声穴を使って連絡するものだったのです。
      山頂から降りてきて、上の「ナニコレ」で叫ぶと、将官の部屋に伝わる仕組みです。
      雨が降ったら水が落ちてくるので、パイプに屋根が付けてあったんですね。

      山を下り、港に戻ると小島に定期航路が入っていました。

      小さな船です。汽笛を鳴らしながら桟橋につけます。これは「船が入るよ」という島民への合図なのです。


      来島海峡大橋をバックに桟橋に置かれたたくさんのタコツボ。風情があります。



      たくさん運動したので、お腹が空きました^^; また「はやしお」に乗って
      次の目的地、大島「下田水港」に向かいます。

      画像が多くなってきたので、下田水港は次回更新で紹介します。

      おまけ


      小島要塞跡の枯葉の中で綺麗に咲く花。
      四季折々の自然を楽しめるのもおさんぽクルーズならでは!

      次回は昼食をとりました下田水港〜四阪島〜今治を紹介します。
      お楽しみに!


      スポンサーサイト

      0
        • 2013.10.22 Tuesday
        • -
        • 16:30
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        早速その2掲載ありがとうございます。小島って、ちょっとおもしろそうな島ですね。景色の良さそうだし。
        • フェリークルーズ
        • 2012/10/22 9:52 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 高速船「はやしお」 ドック入りしています。
          ミニぱぱ
        • 秋のおさんぽクルーズ:「瀬戸内古跡探訪」&クルーズ 小島・四阪島 その4
          瀬戸内海汽船
        • 秋のおさんぽクルーズ:「瀬戸内古跡探訪」&クルーズ 小島・四阪島 その4
          フェリークルーズ
        • 秋のおさんぽクルーズ:「瀬戸内古跡探訪」&クルーズ 小島・四阪島 その3
          フェリークルーズ
        • 秋のおさんぽクルーズ:「瀬戸内古跡探訪」&クルーズ 小島・四阪島 その2
          フェリークルーズ
        • 秋のおさんぽクルーズ:「瀬戸内古跡探訪」&クルーズ 小島・四阪島 その1
          フェリークルーズ

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM